パチンコ店のアルバイトの苦い思い出

私は、パチンコ店で短期間だけアルバイトを行った経験があります。パチンコバイトで仕事を行った時の苦い思い出として、店内を走っている最中にこれまでの運動不足のせいで筋肉痛になったことです。

パチンコ店では基本的に球が入った思い箱を持ちながら迅速に店内を走らなければならないので、足のふくらはぎの部分がつったような感じになりました。

そして、お客様が遊んでいた近くの玉が入った箱を誤ってこぼして、お客様から怒られた苦い経験があります。

お店の責任者が一緒にお客様に謝って、とんでもない事をしたという事を反省して、慎重かつ迅速に作業を行うようになりました。

私は現在は商業施設の調査員のアルバイトを行っていて、基本的には一人でパチンコ店やスーパーマーケットのお客様の状況を行うので、人間関係の煩わしさがない所がメリットです。

調査報告に関して、原則として携帯電話でのメール機能で担当の会社に対して報告を行うので、ほとんど言っていいほど顔を合わせる機会がない特殊なアルバイトです。

調査は基本的に朝から夜までの間に行う事になっていて、交通費も担当の会社側から出ます。服装もスーツを着ないで、明るめの服装ならば特に問題がないので、自分の好きな服で仕事ができて、自分のペースにあわせて仕事が行えるのがメリットです。
[PR]
by pomaheke54 | 2014-04-29 11:57
<< ケーキ屋さんでアルバイトをした... キッチンでアルバイトの思い出 >>